小児の総合医療と外来医療に関する研究と教育、そして小児医療の向上を目指して!

20180415ws

第33回近畿外来小児科学研究会のご案内

日時

2018年 4月15日(日)13時 - 17時00分

場所

新大阪丸ビル別館 4階会議室4-3
大阪市東淀川区東中島1-18-22 JR新大阪駅東口徒歩2分
http://marubiru-bekkan.com/access.php

参加費

2,000円

ダウンロード

本会の詳細・アクセスマップは「第33回近畿外来小児科学研究会プログラム抄録(PDF)」をご覧下さい。


プログラム

13:00-13:05 あいさつ

   代表世話人 藤岡雅司

13:05-13:40 【一般演題1】 座長 八若博司(はちわかこどもクリニック/姫路市)

 1.音声認識対話型ヒューマノイド「NAO」を用いた喘息コントロールテストについて
      西藤小児科こどもの呼吸器・アレルギークリニック(守山市) 西藤成雄

 2.子どものホームケア方法の情報提供を目的としたホームページ開設の試み
      武庫川女子大学看護学部看護学科(西宮市) 植木慎悟 他

13:40-14:30 【一般演題2】 座長 小林 謙(こばやし小児科/高砂市)

 3.小児科外来における肘内障について:中野こども病院の経験から
      保坂小児クリニック(枚方市) 保坂泰介 他

 4.病児保育室の室内感染例の調査と小規模保育所との比較
      にしむら小児科 病児保育室げんきっ子(柏原市) 西村龍夫

 5.乳児期早期に診断した重症アトピー12例のアレルギー予後
      にしむら小児科(柏原市) 西村龍夫

14:30-15:20 【一般演題3】 座長 高屋和志(高屋こども診療所/南丹市)

 6.登校しぶりを呈する子どもの臨床的検討~症例と対応から
      にしむら小児科(柏原市) 西村弥生子 他

 7.長い経過を経て代理によるミュンヒハウゼン症候群と判明した1例
      福田診療所(大阪市西淀川区) 福田弥一郎

 8.平成30年豪雪による休校と自宅待機がインフルエンザ流行に与えた影響
      つちだ小児科(福井県坂井市) 土田晋也

15:20-15:30 休憩

 

15:45-16:45 【特別講演】座長 井上徳浩(大阪南医療センター/河内長野市)

食物アレルギーの予防と治療。除去か?食べさせるのか?
      福岡小児科アレルギー科(愛媛県松山市) 福岡圭介 先生]]


懇親会へのお誘い

 今回は研究会終了後に懇親会を用意しています。質疑応答で質問できなかったことを演者に聞くのも良し、また単に研究会の余韻に浸るも良し、是非ご参加下さい。

会場

BAR&DINING PLATON
(JR新大阪駅東口 横断歩道わたって眼前 地下1階)

懇親会参加費

¥4,000- (当日研究会受付で申し受けます。)

 お申し込みは、以下のいずれかの方法でお知らせ下さい。特に締切は設けていませんが、人数把握のためもあり、できるだけ前日までにご登録下さい。

  1. https://ws.formzu.net/fgen/S64875587/ (QRコードは下段にあります)よりご登録いただく。
  2. kawasaki@kawasaki-kc.jpまで件名を「懇親会参加希望」としたメールをいただく。
  3. 072-421-2036まで「懇親会参加希望」と参加される方のお名前を書いてFAXしていただく。
懇親会のお申し込み-第33回近畿外来小児科学研究会

合計:1025回 本日:1回 昨日:2回

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional