小児の総合医療と外来医療に関する研究と教育、そして小児医療の向上を目指して!

BioFire SpotFire システムⓇを用いた小児科外来のウイルス検出状況

<= 「第38回近畿外来小児科学研究会」に戻る

演題

 BioFire SpotFire システムⓇを用いた小児科外来のウイルス検出状況

所属

 にしむら小児科(柏原市)

演者

 西村龍夫 他

抄録

 当院では2023年9月からBioFire SpotFire システム?を用いて気道ウイルス感染症の児のウイルスを調べている。11月4日までに72件の検査を行った。検査の目的は、遷延する発熱の原因検索が28例ともっとも多く、続いて喘鳴の原因検索が12例、遷延する咳嗽が7例、新型コロナウイルス感染症の確認が6例であった。検出された病原性微生物は、ライノ/エンテロウイルスが43件ともっとも多く、次いでアデノウイルスが14件、パラインフルエンザウイルスが12件、新型コロナウイルスは5件であった。ウイルスが単独であったのは30件で、過半数は複数のウイルスが検出された。遷延する発熱の原因と考えられたのはアデノウイルスが最多で15例、次いでパラインフルエンザウイルスが8例であった。喘鳴では全例でライノ/エンテロウイルスが検出された。

a:1039 t:11 y:6

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional