小児の総合医療と外来医療に関する研究と教育、そして小児医療の向上を目指して!

プライマリ・ケアで経験した小児死亡例

<= 「第39回近畿外来小児科学研究会」に戻る

演題

 プライマリ・ケアで経験した小児死亡例
 

所属

 にしむら小児科(柏原市)

演者

 ○西村 龍夫、西村 弥生子、大川 元美

抄録

 現在、小児の死亡率は極めて低いが、プライマリ・ケアでも様々な理由で小児の死亡例を経験することがある。当院は開院以来25年経過したが、6例の小児死亡例に関わってきた。2例はそれまで基礎疾患を認めていなかった児の突然死症例で、その他は基礎疾患に関連する死亡であった。子どもの死亡は保護者のショックが大きいが、医師も大きなショックを受ける。対応によってはその後の訴訟のリスクもある。ただし、それを避けているだけでは、不適切な防衛医療の原因となるし、医療が必須であるハイリスク児の診療ができない。プライマリ・ケアであっても、必ず子どもの死に遭遇する。それを前提として診療していくべきではないだろうか。研究会では自験例の経験談から、子どもの死に際しどのような対応ができるのか、残された家族のために何ができるのかを考えてみたいと思います。

a:132 t:1 y:4

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional