小児の総合医療と外来医療に関する研究と教育、そして小児医療の向上を目指して!

診療所でのダウン症児に対する発達支援・ダウン症体操の取り組み

<= 「第34回近畿外来小児科学研究会」に戻る

演題

 診療所でのダウン症児に対する発達支援・ダウン症体操の取り組み

演者

 中村 豊(医)

所属

 ゆたかこどもクリニック

抄録

 当院では2009年よりダウン症児に対する赤ちゃん体操を実施している。赤ちゃん体操は、元兵庫県立塚口病院の藤田先生が考案され、関西圏から広く全国に広まって行われているダウン症児に対する運動発達支援の方策である。当院で体操を実施した45人の経過を報告し、ダウン症児の発達の問題点を考察するとともに、診療所におけるダウン症児に対する支援のあり方について考察したい。

a:191 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional