小児の総合医療と外来医療に関する研究と教育、そして小児医療の向上を目指して!

たかがインフルエンザ、されどインフルエンザ-外来診療における実情

<= 「第29回近畿外来小児科学研究会」に戻る

演題

 たかがインフルエンザ、されどインフルエンザ-外来診療における実情

所属・演者

 にしがき小児クリニック(堺市東区) 西垣正憲

抄録

 インフルエンザの診療は近年、大きく様変わりした。迅速診断が可能になり、抗インフルエンザ薬も数種類使えるようになった。このことで、患者の受診行動の変化をもたらした。診断や治療が進歩した一方で、外来におけるインフルエンザの診療には、新たな迷いや悩みも出現した。診断、特に迅速検査結果の評価、予防接種の効果、出席停止などの感染予防について、保護者の考えと医療者の考えに食い違いがあるように思われる。外来診療における経験を紹介して、現在のインフルエンザ診療の問題点を報告する予定である。

a:1232 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional