小児の総合医療と外来医療に関する研究と教育、そして小児医療の向上を目指して!

2015年夏季の手足口病流行に対する一考察

<= 「第28回近畿外来小児科学研究会」に戻る

演題

 2015年夏季の手足口病流行に対する一考察

所属・演者

 川崎こどもクリニック(貝塚市) 川崎康寛

抄録

 手足口病はコクサッキーA16(CA16)、CA6、エンテロウイルス71(EV71)などのエンテロウイルスが原因ウイルスである。数年ごとに流行が見られるが、流行年により異なったウイルスが分離される。
 今年も手足口病の流行年であった。大阪府内でも第29週をピークとする一峰性の流行が見られた。演者のクリニックでも流行は観察されたが、第31週(7月末頃)より患者が低年齢化している事に気づいた。大阪府感染症情報センターの年齢別発生状況でも第31週頃より患者の低年齢化が見られる。今回の発表では、分離されたウイルスの変化や過去の流行状況なども含めて、今年の流行について考察してみたい。

a:602 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional