小児の総合医療と外来医療に関する研究と教育、そして小児医療の向上を目指して!

当院保育所での食物アレルギーへの対応

<= 「第29回近畿外来小児科学研究会」に戻る

演題

 当院保育所での食物アレルギーへの対応

所属・演者

 にしむら小児科 小規模認可保育所つくし(柏原市)
 ◎米野悦子、滝口和枝、山本愉加利、西村 龍夫

抄録

 当院では2015年4月から小規模認可保育所を開設しています。2016年3月現在で15名のお子さんを預かっていますが、これまで3名の入所児に食物アレルギーの対応を行っています。1名は生後3ヵ月で入所。父親にアトピー性皮膚炎あり。乳児湿疹強いため、卵白、小麦等のミックスパウダーを食べさせることになりました。徐々に増量し、生後5ヵ月から卵白食開始しています。現在生後10ヵ月で食物制限ありません。1名は生後6ヵ月で入所。7ヵ月で初めて卵ボーロを食べさせると顔面にじんましんが出現。卵白の少量投与を6週間続け、制限解除となりました。1名は入所時11ヵ月。生後直後からアトピー性皮膚炎でアレルギー専門病院に通院し、小麦と卵白の完全除去を指示されていました。入所時から卵白と小麦の少量負荷を開始。増量の途中で感染に伴い全身じんましんを2回経験しましたが、約3ヵ月で完全解除となりました。

a:632 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional