小児の総合医療と外来医療に関する研究と教育、そして小児医療の向上を目指して!

小児科開業医におけるチンパノメトリー(MycoroTymp3)の経済性と有用性

<= 「第28回近畿外来小児科学研究会」に戻る

演題

 小児科開業医におけるチンパノメトリー(MycoroTymp3)の経済性と有用性

所属・演者

 つちだ小児科(福井県坂井市) 土田晋也

抄録

 チンパノメトリー MycoroTymp3定価66万円(税抜)(以下TMと略) を2012年5月に購入し、その経済性と有用性につき検討した。【対象と結果】購入後3年間でカルテ記載があった1549回(0才38回、1才152回、2才220回、3才307回、4才244回、5才211回、6才120回、7才以上257回)を対象とした。保険請求できたのはそのうち120回(7.8%)で累計40,800点だった。【考察】保険請求には年齢3才以上、病名「中耳炎」、聴力検査を同日実施していることが必須(小児科外来包括、福井県の場合)であり、診療報酬累計は40,800点だった。大部分は報酬なしで検査実施したことになるが、あと2年も使えば購入費用は回収できそうである。発表当日はTMが有用だった症例を提示しつつ、小児科開業医がTMを購入してよいものなのか私見を交えながら考察してみたい。

a:488 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional