小児の総合医療と外来医療に関する研究と教育、そして小児医療の向上を目指して!

小児が発端者であるインフルエンザの家族内感染調査

<=「第28回近畿外来小児科学研究会」に戻る

演題

 小児が発端者であるインフルエンザの家族内感染調査 -共同研究のお誘い

所属・演者

 こうどう小児科(宇治市) 幸道直樹

抄録

 インフルエンザの家族内感染発生率は20-30%と報告されているが、家族内の個人単位の調査では半分以下との報告もある。これまで発症者と非発症者においてワクチン歴や感染歴、年齢などについて検討した詳細な報告は少ない。昨シーズンに調査した結果では50家族中23家族で家族内発症が認められた。その同居家族数は83人で34人が発症、また発症者が出なかった27家族での同居者は85人であった。発症率では母親>父親、小児の発症>成人であったが、ワクチン履歴、昨年度のインフルエンザ罹患歴には差を認めなかった。
 今回は共同研究を行ってさらに詳細に検討したい。

a:256 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional