小児の総合医療と外来医療に関する研究と教育、そして小児医療の向上を目指して!

個別に作成した予防接種スケジュールはきちんと実施されたか

<= 「第24回近畿外来小児科学研究会」に戻る

演題

 個別に作成した予防接種スケジュールはきちんと実施されたか

所属・演者

 くまがいこどもクリニック(尼崎市)
   室矢智美、新垣純子、森田多恵子、道之前直美
   中村朱里、櫻井淑子、小澤典子、朝賀智恵子

抄録

 【はじめに】 当クリニックでは、昨年9月から診療とは別枠で予防接種スケジュール作成のための時間を設け、看護師が個別に10-15分かけて数か月先までのスケジュールを作成している。
 【目的と対象】 作成したスケジュールに従って順調に接種できたかを検討し、またできなかった例に対してはその理由と対処法について考察した。対象は2012年9月から2013年4月末までの8か月間に予防接種スケジュールを個別に作成した291例である。
 【結果】 86%がスケジュール表を活用し順調に接種できた。一部順調に接種できなかった例の理由としては、病気に罹患したためが最も多かった。
 【考察】 診療とは別枠の静かな環境で十分に時間をかけて、質問に答えながら個別にスケジュールを作成することで保護者の不安が軽減し、任意ワクチンに対する理解も得やすく、ほぼ順調に接種することができた。また、順調に接種できなかった例に対して速やかにスケジュールを組み直すことで、ほとんどの例が早期に接種を完了することができた。

a:700 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional