小児の総合医療と外来医療に関する研究と教育、そして小児医療の向上を目指して!

アスベリンの効果を調べてみませんか?

<= 「第30回近畿外来小児科学研究会」に戻る

演題

 アスベリンの効果を調べてみませんか?

所属・演者

 にしむら小児科 西村 龍夫(医)

抄録

 プライマリ・ケアの小児科医を受診する患者で,咳嗽は発熱に次いで多い主訴です.米国ではメジコン(デキストロメトルファン)について調査が行われ,乳幼児に効果がないことが分かっています.一方,日本で咳止めとして多くの乳幼児に投与されているアスベリン(チペピジンヒベンズ酸塩)の効果は,動物実験のみを根拠にしたもので,コントロールスタディがないために良く分かっていません.そこで,多施設共同の調査研究を企画しました.風邪の咳で受診された乳幼児を対象に,アスベリン投与群と非投与群で,初診時と2日後に咳嗽症状がどう変化するか電話で聞き取り調査を行います.外来小児科学会の調査研究方法検討会と倫理委員会で審議して頂いた後に調査を行う予定です.各施設20例で,調査票に書き込むだけですので,大きな負担にはならないと思います.調査研究への参加施設を募集しています.どうぞよろしく御願いします.

a:984 t:1 y:4

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional