小児の総合医療と外来医療に関する研究と教育、そして小児医療の向上を目指して!

こんな乳児期後期健診をやっています

<= 「第30回近畿外来小児科学研究会」に戻る

演題

 こんな乳児期後期健診をやっています
  ~問診票からわかる今どきの乳児の生活リズムと離乳食~

所属・演者

 松下こどもクリニック 松下 享

抄録

 当院での乳児後期健診は、昨年からは待合室の床の上で子ども達を自由に遊ばせながら行うシステムに変更した。すると母親の表情が以前より柔らかくなり、情報交換などにも積極的に参加されるようになり予想外の収穫であった。また子どもの生活リズムと離乳食の進み具合について検討してみた。対象は平成27年1月~6月までの6か月間に当院で後期健診を実施した生後9~11か月の164人である。離乳食が2回食の児は全体の16%であった。一方、就寝・起床時間に注目してみると、午後11時以降に就寝する子どもが全体の14%と予想以上に多く、午前10時以降に起床する子どもは3%であった。午後11時以降に就寝している子どもの42%が2回食であり、就寝時間が遅くなることで食事回数が減る傾向にあった。後期健診の機会を利用した生活リズムの見直しは重要であると思われる。

a:576 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional