小児の総合医療と外来医療に関する研究と教育、そして小児医療の向上を目指して!

あなたの知らない母乳育児?!

<= 「第32回近畿外来小児科学研究会」に戻る

「 特別講演 」

演題

あなたの知らない母乳育児?!
   ~ 母乳育児を科学的・効果的に支援するための入門編 ~

所属・演者

 緑の森こどもクリニック  瀬尾 智子

抄録

厚生労働省の平成27年度乳幼児栄養調査結果によれば、妊娠中の女性は93.4%が母乳で育てたいと思い、産後1か月で母乳・混合栄養の合計は96.5%、産後3か月で母乳・混合栄養の合計が89.8%となっています。つまり、日本の赤ちゃんの大多数は母乳で育っているのです。
 一方、お母さんたちは玉石混淆の情報に惑わされ、精神的・身体的・社会的なチャンレンジを受けています。「母乳で育てたいお母さん」と「母乳で育ちたい赤ちゃん」を支援するための知識・技術・態度は、予防接種や発達の評価と同じように小児科医の必須アイテムです。
 今回は60分という限られた時間ですので、Q&A方式で「入門編」をご案内します。「母乳不足の見分け方」「母乳を増やす方法」「母乳栄養の注意点」「長期の母乳育児」「母乳と薬」「補完食(離乳食)」などについて、科学的情報を元に解説します。
 母乳育児は女性のライフスタイルの問題ではなく、公衆衛生上の重要な課題であり、国民全体の健康の向上や医療費の節約、ひいては国連の「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)」に繋がっています。まずは、目の前のお母さんと赤ちゃんが母乳育児を継続できるような支援から始めてみましょう。

a:88 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional