小児の総合医療と外来医療に関する研究と教育、そして小児医療の向上を目指して!

新型コロナワクチンの有効性と安全性に関する論文のシステマティックレビュー

<= 「第37回近畿外来小児科学研究会」に戻る

演題

 新型コロナワクチンの有効性と安全性に関する論文のシステマティックレビュー

所属

 ゆたかこどもクリニック(神戸市西区)

演者

 中村 豊

抄録

 6か月から4歳までの新型コロナワクチンの接種がはじまろうとしている。一方で既に開始された5歳以上の小児に対するワクチンの接種率は伸び悩んでいる。この原因としてワクチンの有効性と安全性の情報が正しく伝わっていないことが考えられる。31回の年次集会において小児に対するワクチン有効性のシステマティックレビューを報告したが、今回はさらなる報告を加えて、安全性を中心にレビューを行ったので報告したい。

a:126 t:2 y:7

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional