小児の総合医療と外来医療に関する研究と教育、そして小児医療の向上を目指して!

学校医活動を活発にするために

<= 「第23回近畿外来小児科学研究会」に戻る

演題

学校医活動を活発にするために - 学校医の問題点と新しい取り組み -

所属・演者

松下こどもクリニック(門真市)

抄録

 学校医活動の活発化が提唱されて久しいが、なかなか広がらない現実がある。
その理由には、学校医活動に積極的な医師を登用できないシステムや学校医の
高齢化、多忙な小児科医への更なる負担など学校医側の問題が挙げられる。一
方で養護教諭をはじめとする学校側の対応にも問題があるのも事実である。こ
れまで学校医を対象とした啓発活動は行われてきているが、学校保健活動の中
心である養護教諭へのアプローチはほとんどなかった。今回、大阪大学保健学
科の学生(将来養護教諭を目指す学生も在籍)を対象に、学校医活動に関する
講義を行う機会を得た。講義終了後の40名の感想文から、養護教諭の教育課程
においても学校医に対する正しい認識を啓発することが、今後の学校保健活動
を活発にする要因になりうると思われた。

a:977 t:1 y:2

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional