小児の総合医療と外来医療に関する研究と教育、そして小児医療の向上を目指して!

保育所での百日咳の集団感染の報告

<= 「第23回近畿外来小児科学研究会」に戻る

演題

保育所での百日咳の集団感染の報告

所属・演者

岡本医院(兵庫県佐用町) 岡本泰子

抄録

 昨年7~8月園児数45名の保育所で12名の百日咳の集団感染を経験した。また兄弟家族
4名、同地区での感染1家族3名を確認した。この時期他の地区で3名の百日咳感染者を確認
する。
 診断は兵庫県衛生研究所に依頼し、咽頭(または鼻腔)ぬぐい液でのLAMP法、および
血清ELISA法によるPT抗体、FHA抗体の上昇にておこなった。凝集素価の上昇は見られな
かった。生後3か月の1名を除き保育園児、小学生は全員4回の3種混合ワクチンを接種済
みであった。全員症状は軽症で軽快した。

a:1137 t:2 y:2

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional