小児の総合医療と外来医療に関する研究と教育、そして小児医療の向上を目指して!

当院における予防接種時の抱っこ -そのプレパレーションツールの作成-

<= 「第28回近畿外来小児科学研究会」に戻る

演題

 当院における予防接種時の抱っこ -そのプレパレーションツールの作成-

所属・演者

 福田診療所(大阪市) 森田弘子

抄録

 当院では、ワクチン接種時に、母親一人でしっかり固定でき、かつ児があまり泣かなくなる抱っこ方法を行っている。しかし、この方法は少し難しいので、説明用ポスターを作成・使用している。そのポスターの効果と改善点を知るため患者アンケートを実施、改良版のポスターを制作した。方法:ワクチン外来に来院した保護者50名に無記名アンケートを行った。結果:ポスターが分かりやすいという回答が70%であったが、そう回答したにも関わらず、毎回説明を受けているという人もあった。抱っこしてみてどうであったかに対しては、泣かずにできた・泣いたけど暴れなかったが多かった。しかし少数だが、泣いて暴れた、看護師が押える方が安全、という回答もあった。考察:ポスターを使用することで説明が容易となり、明らかに泣く子が減った。今回は実際の抱っこ方法の動画を供覧しつつ、その成果を報告する。

a:872 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional