小児の総合医療と外来医療に関する研究と教育、そして小児医療の向上を目指して!

ムンプスワクチン1回接種後の感染について

<= 「第32回近畿外来小児科学研究会」に戻る

演題

 ムンプスワクチン1回接種後の感染について ~血清抗体価による検討~

所属・演者

 松下こどもクリニック        松下 享

抄録

 耳下腺腫脹を主訴に受診された患児の血清抗体価(IgG, IgM)を測定し、ワクチン接種歴の有無との関係について検討した。対象は、平成28年7月~平成29年7月に当院を受診され、ムンプスが疑われて抗体検査を実施した64名(ワクチン未接種者;42名、ワクチン1回接種者;22名)。抗体検査は耳下腺腫脹後3日前後で実施した。

 【結果】ワクチン未接種者42名中、IgM陽性から初感染と判断したのは36名、IgM陰性かつIgG陽性から不顕性感染後の再感染と判断したのは2名であった。ワクチン1回接種者(22名)の検討では、IgGとIgMの値からPVFと考えられたのは5名(22.7%)に対し、SVFは12名(54.5%)と半数以上であった。ムンプスワクチン2回接種の早急な定期化が望まれる。

a:70 t:1 y:2

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional